僕が見たアウシュビッツ

   

こんばんは。とみです。

モンゴルで契約しました。

Anduud City Club 去年のGOYOです。再契約しましたがオーナーが変わりチームが変わりました。

楽しくやれています。チームの事はまた徐々に更新して行きます。

では、オフシーズンの時の話を。

1月までは大学に行っていたので特に動かず2月はヨーロッパにいました。

行った先はPoland🇵🇱

ご縁がありこれで人生3度目です。

滞在していたBydgoszczという街のスタジアム。これで6部のスタジアム🏟です。

ヨーロッパすげえ。

ヨーロッパの街並みがすごい好きで整った建物や道の作り方がすごい好きなんですよね。

いつかヨーロッパに住める日がくれば良いななんて思っています。

そんな🇵🇱でどうしても行きたかった場所

日本名 アウシュビッツ強制収容所

人生で一度は見ておかなければならないと思っていました。ヨーロッパに行くなら絶対行きたかった。

🇵🇱に着いて早々レンタカーでLet's go!!

と思ったら大雪ですよ。その雪にダメージを与えられ追加料金が発生した話は置いておいて。。。

Krakówという街で一泊しLet's go!!(2回目)

※ここからはアウシュビッツの写真を貼りますので嫌な方は閲覧を控えてください。

アウシュビッツの入口

行って何かが変わるわけではありません。

でも僕はその年には生まれていなかったから実際どうだったかなんて読んだり社会の授業で習ったぐらいです。

でも第二次世界大戦で人間同士が起こした世界で最も残酷な出来事の一つであるアウシュビッツ強制収容所で起きたこと、そしてこの場所を絶対に見たかった、いや見ておかなければならないと思った自分がいました。

実際に写真では見たことのあった風景を目で見て感じて。

多くは書かないし写真も載せませんが今生きている自分からすると同じ時期に生きていた人がいたというのも考えられない自分がいました。

今回は日本人による現地ツアーに参加したので日本人の方も多くいらっしゃいましたが21歳ぐらいの人間はいなかったし若い人は少なかったです。

それはその時代にも生きたことがないから、そしてその恐怖を感じている人がいないから。

その2つは大きいと思います。そしてそれを語り継げる人がいなくなるのはとても危険なことだとツアーの方もおっしゃっていました。

ニュージーランド、モンゴルという2カ国でプレーし海外生活も3年目になります。

🇺🇸🇳🇱🇪🇸🇳🇿🇹🇷🇵🇹🇵🇱🇺🇦🇱🇻🇱🇹🇲🇳🇨🇳🇰🇷

幸せなことに13カ国もトランジットを含めれば行くことができています。21歳でそんなレアな経験を出来ている人間はあまりいないし大した事はないですが数カ国でサッカーをさせていただき、旅しています。

海外に出る前に日本でヒッチハイクをしました。海外で🇯🇵について聞かれることが度々ある中で答えられない自分が嫌でまず日本を知ろうと思いました。

そして海外を拠点にするようになった今、もっともっとサッカーに関わらず世界中のことを知ろうとしないといけない。

別にグローバルとか国際化とかそんな言葉は関係なく自分が大学を休学してまで海外で生活する意味はそういうところにもあると思っています。

そして今回行ったアウシュビッツ。

最後に話をしていた

「この収容所は民主主義が起こした最大の犯罪なのです。」

その言葉がとても響きました。

確かにヒトラーという独裁者が起こしたことかもしれない。

しかしそのヒトラーを大統領に選んだのは国民で、政党を支持したからこそ起きた惨劇。

1人が決して決めたわけじゃないんです。

日本もかつて同じようなことをしていたわけです。そして同盟国として戦争を戦っていたわけですから。

有名なビルケナウ。

リアルをこの歳で見れたことがすごい良い経験になりました。昨年に🇱🇹のカウナスで杉原千畝記念館にも行ったのでさまざまなことを学べたとおもいます。間違いがあったかもしれませんがご了承ください。

ナイーブな話であり、見たくない人、様々な考えをお持ちの方がいるこの件をブログに書くのは良いことかはわかりませんが歴史の教科書でしか知ることができなかったリアルを知れたことを何かに書き記し、誰かが見てくれることによって何かを感じてくれたら尚嬉しいかなと思います。

ではこれから練習なのでこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 - ブログ