結果。

      2016/11/07

俺は高校サッカーの話をあまりしない。

もちろん良い3年間だったし、キャプテンなんか形だけかもしれないけどやらせてもらって。でもあまりしたいと思わない。

 

でも今日は昨日母校がベスト4という成績を残して引退したのと久しぶりに高校時代のサッカー部のメンバーとボールを蹴る機会があったから思ったことを書いてみる。後輩の試合も1度も観に行かずこのタイミングで書くのは申し訳ないがこちらとしても色々思うところがあり。

昨日の写真。

この写真撮影してたから俺いないけど。笑
俺が高校時代のサッカーをあまり語らないのはなぜか。なぜなら…
選手として結果を残せなかった3年間だから。

 

これ以外におそらく理由は無い。

おそらく目の前の練習、試合に1番楽しめていたのは高校時代かもしれない。

でも高校サッカーを終え、サッカーへの形として今後の自分へプラスに残るものは正直何も手に入らなかった。むしろ自分への悲壮感が今でも残ってる。
監督俺を選べ、とか一切思わない。

あれじゃ使わないなと思う。

 

だから俺はあまり高校の時の話をしない。正直キャプテンなのに試合に出場してないときはうっすらとしか覚えてない。最悪だな俺。

Sponsored Link

高校、男子校という閉鎖空間でサッカーをしそこから多くの物を選択できる世界に放たれたら多くは他の物に目を向けるだろう。

でも俺にはやっぱサッカーだった。

目の前にあったものは。

だから海外にも飛んだ。そもそもサッカー辞める気一切なかったけど。笑

こんなことを言っていいかわからないが

もしこれを読んでくれている高校生がいるなら自分がやりたいことを早く見つけてほしい。今でも悩んで中途半端な生活だと言っている友達が周りにいるから。

 

とりあえず後輩たちはおめでとう。

俺は…ぶれずに顔晴ろう。
サッカー選手として今季はかなり情けない成績だったから来季は必ず結果を出さないといけない。結果を残せないサッカー選手はサッカー選手であり続けられないから。

自分にとって色々と勝負の年になると思う。毎年勝負だけど。ラストチャンスと思ってやる。

 

別にサッカーしないときは何しててもいいけど。もちろんサッカーを頭に置きながら。

 

サッカーと生きる。

日々勉強だね。

おわり。

Sponsored Link

 - ブログ